TS16949・JIS Q 9100・ISO14001

TS16949・JIS Q 9100

目的
当社においてTS16949:2009およびJIS Q 9100:2009に従った品質マネジメントシステムを確立し、顧客要求事項及び適用法規の要求事項を満たす 製品を一貫して提供する組織の能力を実証すると伴に、品質マネジメントシステムの継続的改善のプロセスを含む有効な適用 並びに顧客要求事項及び適用法規への適合を保証することによって、顧客満足の向上を目指す。

品質方針

価値ある製品を 先進技術と感謝の心で 

お客様に信頼と満足をお届けする

年度基本方針

品質ロスコストを最小化し 顧客の信頼を確保する!

活動の柱
1.品質マネジメント活動の推進
・P・D・C・Aを廻し、立てた目標を必達する風土づくり・・・コミットメント
・原理・原則に基づき3現主義を実践する・・・5ゲン主義
・改善内容は、上位の標準・基準に落し込む・・・源流主義
・標準作業の飽くなき探求

2.品質評価シートによる保証度の検証と改善
・新工法の導入による外観不具合検出力の向上
・最適な測定具、検査方法の選定
・MSA(GRR)の適時実施による信頼度の検証

3.是正・予防処置の強化と習慣化 
・品質ロスコストの早期把握と対策
・マトリックスによる総合評価とその改善
・なぜなぜ解析による真因追求と源流対策の実施

4.TS16949の体得とJIS Q 9100の実践によるレベルUP
・FAIから学ぶ、一発良品化ノウハウの追究
・品質マネジメントによる監督者ランクUP活動の推進
・TPM自主保全活動による品質保全の推進


2015年4月1日  荒川工業株式会社
取締役社長 坂井 陽二

ISO14001

EMS登録証170329 見本

目的
当社においてISO14001:2015に従った環境マネジメントシステムを確立し、当社の環境側面に関係して適用可能な法的要求事項及び当社が同 意するその他の要求事項を満たし、環境保全及び汚染の予防を図ると伴に、環境マネジメントシステムの継続的改善のプロセスを有効的に運用して環境パフォー マンスを改善し、社会に貢献することを目的とする。

環境スローガン

『地域の絆で守り続けよう わが町 日進』
このスローガンのもと、「環境方針」を定め、全員参加で環境保全活動に取り組んで行きます。

環境方針

  1. 技術開発から生産に至る企業活動に適切な環境マネジメントシステムを構築し、活動の目的及び目標を掲げ、達成の為の計画的な実施と充分な監視・測定により、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進します。
  2. 環境に関する法規制・公害防止協定など当社が同意するその他の要求事項を順守し、汚染などの環境問題の予防、並びに環境保護に努めます。
  3. 技術革新や施設の充実に向けて有効な経営資源を投入し、省エネルギー及び環境負荷物質の低減を図ります。
  4. 環境方針は文書に定め、全従業員に周知徹底して全員参加の活動を進めます。
  5. 環境保全活動を、地域社会へ積極的に公開します。
適用範囲
一般・・・国際規格ISO/14001:2015に基づいて環境マネジメント
     システムを構築し、社員全員で共有し維持する。
サイト・・・愛知県日進市米野木町北山226番地及び249番地

組織・・・全組織


2016年2月1日 荒川工業株式会社
取締役社長 坂井 陽二