沿革・組織

沿革

1941年 6月 荒川尚一(故人)が名古屋市南区にて個人企業として創業
1941年 6月 愛知機械工業㈱の協力会社となり、航空機の部品加工及び治具の製造に従事
1944年 2月 法人組織に変更、荒川工業株式会社設立 資本金48万円
1945年 9月 愛知機械工業㈱・三菱重工業㈱・㈱デンソー等の協力会社として、
自動車部品及び農機具の製造に従事
1970年 5月 荒川厚次(現会長)社長に就任
1972年 12月 南区道徳町に道徳工場新設、工機部門を設置し、
専用工作機械・治工具の内製化を競合他社に先駆けいち早く導入
1975年 8月 資本金4,300万円に増資
1985年 5月 南区寺部町に寺部工場新設、本社工場・道徳工場と併せ3工場体制となる
1988年 5月 手狭になった3工場を集約して、愛知郡日進町(現日進市)に移転
敷地面積50,000㎡、工場面積11,900㎡
1989年 10月 資本金8,250万円に増資
1998年   1月 トランスファの加工・組立専用工場として第2工場を新設、3,700㎡
2001年  9月 トランスファの受注量増加にともない第2工場を増築、4,000㎡
2002年  3月 ISO14001環境マネジメントシステム認証登録
2003年  3月 ISO9001品質マネジメントシステム認証登録
2004年  7月 工場隣地を取得し敷地面積80,000㎡となる
2005年  4月 アルミ部品の加工専用工場として第3工場を新設、4,300㎡
2006年  8月 アルミ部品の受注量増加にともない第3工場を増築、4,300㎡
2008年  2月 トランスファユニットの出荷累計100万台達成
2009年  6月 坂井陽二社長に就任
2011年  1月 トランスファユニットの出荷累計150万台達成
2011年  6月 日本設備管理学会「モノづくり大賞」受賞
2013年 11月 トランスファユニットの出荷累計200万台達成
2014年 2月 ISO/TS16949:2009認証取得(現在IATF認証に移行)
2015年 4月 JIS Q 9100認証取得
アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区申請・認定
2015年 7月 アルミ部品の受注量増加にともない第3工場を増築、3,000㎡
2016年 2月 あいちブランド企業に認定
2017年 11月 愛知労働局より「働き方改革 ベストプラクティス企業」に認定
2018年 9月 五代目社長 杉谷卓志社長就任
 

組織

組織図100712