設備

当社では最新鋭設備を導入しお客様の要望にお応えするため新製品・新分野への挑戦と新技術・新工法の確立を目的とした変種変量ラインの構築の活動を行っております。
今回は今年から導入した最新設備の複合加工機2台をご紹介します。 

MULTUS B300 Ⅱ

旋削加工は旋盤で、転削加工はマシニングセンタで行うのが従来の加工方法でしたが紹介する設備2台は、なんと多方向からの加工を1台の設備で加工が行えるというまさに常識破りの設備です。
まずは「MULTUS B300 Ⅱ」からご説明いたします。

「MULTUS B300 Ⅱ」は従来の旋盤の持つ機能に加えてマシニングセンタの機能を持っています。
更に対向する2つの主軸により主軸間の製品受け渡しが行え、多くの工程を組んでいたものがこの1台で行うことが可能となり、省スペース及び低コストを実現することが出来るようになりました。

CUBLEX-42

「CUBLEX-42」は、1台の設備で5軸マシニング・旋削・研削加工が可能となり大幅な工程集約が実現します。
従来は3~5工程必要であった複雑な形状の製品を1台の設備で加工することが可能になり、まさに画期的な設備と言えます。