荒川のモノづくり

生産試作・量産品出荷

以下の8つの行程カテゴリーから各ステップをご覧いただけます。

受注活動(受注可否判断)
受注展開(日程展開)
製品実現計画(各部署の計画確認)
生産準備(各部署の進歩確認)
量産(初期管理解除)
初期管理(初期不具合の再発防止)
量産品出荷(量産品出荷可否判断)
生産試作(試作段階での妥当性確認)
試作

お客様の要求する品質・コスト・納期を確保するために、生産試作段階より製品・設備・工具などの妥当性確認を実施しています。これらが長年の経験とノウハウに裏付けされ、荒川流のモノづくりとして進化し続けています。

計測

製品の寸法、形状、面粗さなど、製品が要求品質を満たしているか、最新鋭の検査設備にて計測・試験を行い、お客様が安心できる品質を提供しています。